卒業生・卒業生保護者のコメント

image1 (2)

ネームプレート山内

 

 

【出身高校】中京高校
【在籍大学】新潟経営大学 平成26年
インターハイ団体 8位
長崎国体団体             8位 入賞

 

僕は小5の時から体操を始めました。始めたばかりの頃はまだ何も出来ず、技の練習よりも基礎を大切にした練習をしてきました。 クラブの先生の熱心なご指導のもと、中学3年生のときには全国大会にも出場することができました。 僕が今、大学で体操を続けていられるのは、クラブの先生方の熱心なご指導があったからだと思います。 また、体操だけでなく挨拶や礼儀正しさ、そして多くの人に感謝することの大切さを学ぶことができました。

rect4138山内君

 

 

クラブには小学5年生からお世話になりました。最初は軽い気持ちで始めた体操でしたが、出来ないことが出来るようになると どんどん面白くなり、小・中・高・大学と続けています。 体操を通して色々な体験ができ、人として成長する姿を見れたことを嬉しく思います。 先生方も熱心に指導してくださり頭が下がる思いです。体操に出会えて本当に良かったと思います。


 

 

image1

ネームプレート福手

 

 

【在籍学校】  中京大学  体操部
平成27年    中京高校キャプテン
全国高校選抜体操競技選手権大会出場

 

 

郡上八幡体操クラブには小学1年生から9年間所属していました。その中で体操の面白さと魅力を先生方から教えていただきました。 クラブでやってきた基礎で丁寧さが身に付き、つま先の美しさは常に先生から教えていただいたことでした。それらが今では自分の長所になっており、 練習を積み重ねてやってきてよかったと思っています。今、自分は体操が本当に大好きです。 それも先生方や体操をさせて頂いている両親のおかげだと思っています。 これからも周りの方々に感謝をし、体操ができることを幸せに思い、努力を惜しまず日々邁進していきます。

textname福手

 

 

先生方には、一人ひとり個性を生かして、それぞれの子に合った指導をして頂きました。厳しさの中に優しさもあり、 子供たちは心からの信頼を寄せています。親にとっても信頼のできる先生です。部員の学年もバラバラですが仲が良いです。 その中でも先輩を敬う気持ち等も自然と出てきます。親同士も学校とは違う繋がりができ、いろいろと相談が出来るようになります。 この繋がりはこれからも大切にしていきたいと思います。


卒業生

ネームプレート木戸口

 

 

日本体操協会
体操競技女子公認審判員
幼稚園教諭

 

 

 

私は小学1年生から中学3年生までお世話になりました。その間、同じ学年の子はいませんでしたが、先生方、先輩、後輩と一緒に仲良く楽しく、9年間続けることができました。新しい技ができると先生方が一緒になって喜んでくださったり、出来ないときには一緒に考えてくださったりと、厳しい練習の中でも暖かい雰囲気もあり、とても練習のしやすい場所でした。また、卒業後も体操を見に行かせていただいて、今では審判員としてもお世話になっています。体操を通して挨拶、礼儀なども学ぶことができ、今でも私の力になっています。

木戸口さん

 

 

練習にはほとんど休まずに参加できたのは、先生方の厳しい中にも楽しくご指導して頂いたおかげだと思っています。 技だけでなく礼儀も厳しくご指導して頂いて感謝しています。今でも審判として体操に関わっているのも、体操が楽しかったからだと思います。

コメントは受け付けていません。